本文へ移動

福岡養基会

福岡養基会からのお知らせ✨

令和元年度 第24回 総会・懇親会のご報告

2019-06-11
令和元年年6月2日福岡養基会
講演会「ストレスとの上手な付き合い方」

先日(6月2日)の福岡養基会の講演会・総会・懇親会には、母校からは新水事務長、同窓会の柳澤会長(高14回)など9名と本部総会実行委員5名と会員で総勢61名で開催されました。以下、当日の模様を簡単にご報告します。お世話役を高13・43回卒の皆さん中心で、総会の部司会進行役を井上英治さん(高19)。懇親会の部、司会進行役を立石充弘さん(高43)。皆様のご協力で無事終了することが出来ました。

 

(1)初めに物故者への黙祷に始まり、 千々岩 会長の挨拶。会員一同力を合わせ、来る2020三養基高校創立100周年に向けて輪を広げようと会員に呼びかけられました。

 

(2)新水事務長はこの会には初めての参加となった。在校生は勉学、クラブ活動に励んでいると報告がありました。学校側の資料によると、この春の大学合格者は福岡大52、久留米大70、佐賀大14、西南大11、福工大18、九大1、九工大3、熊本大1、大分大1、北九州市大4、などです。

 

(3)概況報告、会計報告、監査報告に続き、同好会からは、囲碁、ゴルフ、小旅&えん、オスカ倶楽部、それぞれの世話人から報告がありました。

 

(4)母校の名を全国に知らしめる活躍をしているクラブ活動に、激励の金一封を今年も総会の席上贈りました。

 

(5)講演は藤原 道弘さん(高13)(福岡大学名誉教授)にお願いしました。「ストレスとの上手な付き合い方」と題して今に即したお話で熱演でした。

 

(6)懇親会は末安剛明(高15)幹事長の挨拶に続き、柳澤同窓会会長にも挨拶していただきました。事務局の牛島 理恵さんが初めての参加、柳澤会長より紹介がありました。乾杯の音頭を養基同窓会基山支部 田中 光一 支部長の発声で始まり、今年も旧職員の松田 定昭さんのハーモニカ、増々磨きのかかった演奏。一年ぶりの再会に話は尽きず。最後は校歌、応援歌斉唱と祝い唄に続き博多手一本でお開きとなりました。

 

 (7) 養基同窓会(本部)総会・懇親会は9月29日(日)に開催されますと、有岡 寛雅(高29)実行委員長他4名が駆けつけて出席を呼びかけられました。

 


会報【福岡養基】は諸般の事情により第22号より、これまでの小冊子式の会報を新聞方式A3見開き4ページに変更いたした。【福岡養基】第23号(締め切りは9月末、12月発行)の原稿を募集中です。随想、身辺雑記、紀行文、俳句、短歌、絵画、書、写真、イラストなど何でも可。皆さんの寄稿をお待ちしています。
 

送り先 〒812-0863 福岡県福岡市博多区金の隈3-23-10-1430 福岡養基会 事務局 まで。
Fax:092-503-3828  または  mail:qqqh6sed@sand.ocn.ne.jp

 

H30.06.05.
福岡養基会  事務局
TEL:090-4474-2304

 

養基同窓会事務局
〒849-0101
佐賀県三養基郡みやき町大字原古賀300-1 佐賀県立三養基高等学校内
TEL.0942-94-2345(代)
FAX.0942-81-8001
 
三養基高等学校は2020年に  百周年を迎えます。
 
 
 
TOPへ戻る